知らないことが多いのは良いことだなあと常々思っているって話。

タイトルそのまま。

知らないことが多いのはいいこと。

そのままにしておくのは怠慢だけど(ここ数ヶ月なにも出来ていなかったのは忙しかったのもあるけど怠慢でもあるので反省している(´・ω・`)

 

 最近研究が忙しくてコード書こーとかそういう事を考えられていなくて、久々にコードを書いたら色んな意味でやばかったのでものすごく反省した…

が、付随してやる気も出てきたのでちゃんと時間を取って勉強しようと思ったのでいい傾向だなと思っている(時間の管理をちゃんとする(15分報つけるの最近してなかったからちゃんとしよ…))

 

 

 個人的な話なんだけど、ハッカソンに先日参加して思ったことがあって(そこではPeriscopeとか)当たり前のように知っていると思っていたサービスがそれほどチームのメンバー感では浸透していなくて、Twitterのスタートアップクラスタの方々は所謂アーリーアダプターなんだなあと思いつつ、ハッカソンで新たなサービスを作る(題目的にはあらたに100億の価値のあるサービスを作る)ってなってて”新たに”って題目にあるのに既存のサービスをある程度知り尽くす(知り尽くすとは言ってない)事ができてないと既存のサービスの踏襲になるだろうなあ…と思ったりもした(別にディスってない)

 

当たり前というか、自分が知っているのは割とみんな使ってるものだろうと思っていて、ついったにいる人はもっと知り尽くすところまで知り尽くしていて毎日ProductHunt見まくってると思っているので、”すごく知ってるね”って言われても何かピンとこなかったりした。

 

まあそれは嗜好性の違いだからとやかくいうことではない。

 

ついでに言うと、ハッカソンで思ったことは、仮説を立てるのも乖離が出始めると色々難しいなと思ったりした🤔

えとみほさんのこれじゃないけど

note.mu

普通がわからないと仮説を立てる段階にまず行けないよなあ、と。

同じことをYahoo!に行った元LIGの菊池さんが水野さんに言われたって行ってったの思い出した。

 

とりあえずテレビでも買おうかな。

 

 

 

 

 

また中身がない、ただの日記のようだ。