読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己分析の大御所みたいなのした。

 好きです、いのうえです。

 

f:id:inoue0426:20151222201859j:plain

 

 自己分析の大御所的なところで有名な”ストレングスファインダー”というものをやってみたのでその話をします。

 

”ストレングスファインダー”とは

ストレングスファインダー®は、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。

Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

開発にあたってギャラップ社では、強みの源泉となる才能をみつけていくために、人がもつ様々な能力をあらゆる角度から抽出して分類し、最終的には34種類の才能分野=資質を特定しました。

ストレングスファインダーの診断結果で画面に現れるのは、その34種類の中で、あなたに最も強く表れている5つの資質です。

ただし、この上位5つの資質は、あなた「傾向性=自分に固有の思考や行動の反応パターン」であって、「強み」そのものではありません。

自分にとって自然で当たり前の傾向性を、日々の仕事や人間関係の中で、意識して効果的生産的に使うことで初めて、誰にも真似できない素晴らしい「強み」になります。

つまり、ストレングスファインダーは、自分の強みの源泉となる才能を、鏡のように客観的に「見える化」してくれるツールであると言えます。

ストレングスファインダーⓇについて | ストレングス・ラボ より

 

ようするに自己分析の大御所です(小並感

ということでしてみました。

 

まず、上位5つの資質
  1. 収集心
  2. 内省
  3. 着想
  4. 最上志向
  5. 原点思考

 

なんだかよくわからないですね、詳細を書きます。

1.収集心

あなたは知りたがり屋です。

あなたは物を収集します。

あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。

あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。

集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を惹かれるから集めるのです。

そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えるのです。

世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。

もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。

もし旅行が好きだとしたら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物や事柄を見せてくれるからです。

これらは手に入れた後、保管しておくことができます。

なぜそれらは保管する価値があるのでしょうか? 

保管する時点では、何時または何故あなたがそれらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょう。

でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っているというのでしょう。

あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。

ですから、あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます

それが面白いのです。

それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです

そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。

 

 

めっちゃ分かる。
そうなんだよね、無駄なような知識とか集めるの好きなんだよね。

 

2.内省

あなたは考えることが好きです。

あなたは頭脳活動を好みます。あなたは脳を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。

あなたが頭を働かせている方向は、例えば問題を解こうとしているのかもしれないし、アイデアを考え出そうとしているのかもしれないし、あるいはほかの人の感情を理解しようとしているのかもしれません。

何に集中しているかは、あなたのほかの強みによるでしょう。

一方では、頭を働かせている方向は一点に定まっていない可能性もあります。

「内省」の資質は、あなたが何を考えているかというところまで影響するわけではありません。

単に、あなたは考えることが好きだということを意味しているだけです。

あなたは独りの時間を楽しむ類の人です。

なぜなら、独りでいる時間は、黙想し内省するための時間だからです。

あなたは内省的です。

ある意味で、あなたは自分自身の最良の伴侶です。

あなたは自分自身にいろいろな質問を投げ掛け、自分でそれぞれの回答がどうであるかを検討します。

この内省作業により、あなたは実際に行っていることと頭の中で考えて検討したことと比べた時、若干不満を覚えるかもしれません。

あるいはこの内省作業は、その日の出来事や、予定している人との会話などといったような、より現実的な事柄に向かうかもしれません。

それがどの方向にあなたを導くにしても、この頭の中でのやりとりはあなたの人生で変わらぬもののひとつです。

 

 

 

わかる、すごいわかるんだけど…
一人の時間を楽しむ類の人って悲しい…

 

3.着想

あなたは着想に魅力を感じます。

では、着想とは何でしょうか? 

着想とは、ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。

あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります

着想とは結びつきです。

あなたのような考え方を持つ人は、いつも結びつきを探しています。

見た目には共通点のない現象が、何となく繋がりがありそうだと、あなたは好奇心をかき立てられるのです。
着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して、新しい見方をすることです。

あなたは誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じます。

それによって人々は、その事柄を、変わっているけれど意外な角度から眺めることができます。

あなたはこのような着想すべてが大好きです。

なぜなら、それらは深い意味があるからです。

なぜなら、それらは目新しいからです。

それらは明瞭であり、逆説的であり、奇抜だからです。

これらすべての理由で、あなたは新しい着想が生まれるたびに、エネルギーが電流のように走ります。

他の人たちはあなたのことを、創造的とか独創的とか、あるいは概念的とか、知的とさえ名付けるかもしれません。

おそらく、どれもあてはまるかもしれません。

どれもあてはまらないかもしれません。

確実なのは、着想はあなたにとってスリルがあるということです。

そしてほとんど毎日そうであれば、あなたは幸せなのです。

 

 

なんとなくそうなのかもしれない。
変わってると言われる所以的なことだと思う。

 

4.最上志向

 

優秀であること、平均ではなく。

これがあなたの基準です。

平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。

平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。

自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。

真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。

生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。

そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。

あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。

このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。

あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。

同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。

あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。

あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。

それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。

その方が楽しく、実りも多いのです。

そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

 

あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。
ここめっちゃ分かるマジで、こういう人キライ苦手うわわわわわあああああああ。

 

5.原点思考

あなたは過去を振り返ります。

そこに答えがあるから過去を振り返ります。

現在を理解するために、過去を振り返ります。

あなたの見方からすると、現在は不安定で、訳の分からない喧騒が入り乱れています。

現在が安定を取り戻すには、過ぎ去った時、つまり計画が立てられたときに心を向けてみる以外方法はありません。

過去は今よりわかりやすく、計画の基礎が築かれたときです。

振り返ると、計画の原型が現れるのがみえてきます。

そしてあなたは、初めの意図が何であったのかを知ります。

この原型、あるいは意図はあまりにも飾り立てられてしまって、本来の姿がほとんど認識できなくなっていますが、この原点思考という資質によって、これらが再び現れます。

このようにして原型や意図を理解することは、あなたに自信を与えます。

あなたは元々の考え方を知っているので、もはや方向を見失うことなく、より適切な判断を下すことができます。

仲間や同僚がどのようにして今のようになったかを知っているので、あなたはより一層彼らの良きパートナーとなります。

過去に蒔かれた種を理解しているために、あなたは自然に将来をよく見通すことができるようになります。

初対面の人や新しい状況に直面すると、慣れるのにある程度の時間を必要とするでしょう。

しかしその時間を取ることを心掛けなければなりません。

あなたは原型が表面に浮かび上がるような質問をかならずするように心がけなければなりません。

なぜならば状況がどうであれ、過去の原型を見たことがなければ、自分の決断に自信が持てないことになるからです。

 

初対面の人や新しい状況に直面すると、慣れるのにある程度の時間を必要とする
これな、わかる。
治そうとは思ってないけど。
 

 結果、知りたがりや考えることが好きでそれも奇をてらったことを考えることが好き長所をさらに伸ばそうとしていて、過去を見直すタイプの人ってことですね。

 

わかりづらいなこれは。

まあ面白かったけど。

 

という感じです、1回やってみるのは面白いかも。