乃木坂と胃腸炎と寿司

この三日間くらい、感染性胃腸炎になって動けなかったためずーっと乃木坂の動画見てました

深川さんが可愛いです、はい。

f:id:inoue0426:20151214030934j:plain f:id:inoue0426:20151214030940j:plain

あざとい、いい。

…はい。

 今日は就活で思った話をしよーと思いますー。

 もう就活まっただ中みたいな雰囲気がありますね、趣深い。

年齢的にはもう就職決まってて意気揚々と卒論に勤しんでいる時期なので周りの友達の就職先などを見てそーかそーかと思ったりしています。

大手ポータルの会社とか、クラウドソーシングの会社とか。

かといえば休学してモデルになったり、舞台役者になったり。

その人なりの色がある人生やなー、ッて感じ。

趣深い。

 そんな感じで自分の色みたいなのを考えてみた。

色…色な。

まじめに書くと色ってなんだろーか。

エンジニアだから~とか、〇〇〇〇だから~とか関係なく根源的な話をあまりしてきていないからあれなんだけど。

どうなりたいかと考えたら、

サービスを作れる人、サービスを作るために技術を深めたい

そう思ってる。

からそれが色なのか。

それが自分に正しいのかどうかとかはまあわからないけど、自分で選んだことをを正しくすることが面白いんだよってコンサルのお兄さんと盛り上がったなこの前。

最終的にはあれなんですよ、この前のブログに書いたパラダイムシフト。

あれを起こしたいんですよね、うん。

起こしたいと言ってまあ起こせるものではないんですけど、自分で作ったものがみんなに使われてそれで新しい文化とか作られたりしたらもうワクワクしかせんでしょ(●´ϖ`●)

だから、それを正しくする、正しくしていくことが当面の目標で、そのための手段が就活か、そんな感じかな。

 一つの転機として、受験と照らし合わせると、自分の場合はいいなと思ったところ、例えば有名な人がいる、好きな研究ができる。

そんなところで目星をつけて、その中で、時間と実力に見合ったところで折り合いつけるイメージだから、多分、就活も落ち着くところに落ち着くんだろうな。

なんだかんだ熊本来て熊大入ってめっちゃ楽しいし、東京行ってたら体験できなかったことの多くを体験できたことに変わりはないからな。

 あと、これはあんま関係なくて書きたくて書くんだけど、某氏に言われた言葉で、

”井上は私的にまだまだ伸びしろがあると思ってて、

井上はオタク精神は私と違ってあると思ってるから、

いい方向にそれがつきぬけられればいいのになぁと日々思っています。

そのためにはきちんと考えていることを言語化するとかPDCAをきちんとまわすとか…

何かえらそうだけど頑張ってください笑”

ッて言われたことがあって、なんか普通に嬉しかったです笑

 いや本当にかっこいい人はたくさんいますよね。

某金田くんとか、いつの間にかモデルになっちゃったし、休学して舞台役者として活躍してる奴もいるし、Yah〇〇!に入っちゃう人もいるし、Rさん蹴ってベンチャー行く人もいるし。

最初は否定とか多分結構されてて、自分の中でも何かしら思うとこあって、辛かったり、うまくいかなかったり、本当に大変だったと思うんだけど、それでも信じてやって、結果出して。

本当にすごい。

そういう人尊敬する。

結果が大事というとまあ賛否有るかもしれないけど…

まあ結果が大事だよねい。

考え方はいろいろあるけど、人生って1回しかないじゃん、失敗してもどんだけ馬鹿にされてもいいから自分のしたいことをしたいようにすればいいじゃん。

失敗したっていうのも結果だからな、その一歩から結果だからな。

なぜベストを尽くさないのか

ええ、そうです、トリックの上田先生のお言葉を引用させていただきました©TRICK

なぜベストを尽くさないのか

もうこれに尽きる、言いたいことはこれだけだ!!!!!

そう、だからみんな自分のしたいことをしたいようにしてよう、リスクを取ろう。

そんな感じ。