会社で何が合う・合わないか考えてみた。(完璧に個人的主張) *休学50日目

面接…同級の方はたくさん受けていると思います。

個人的になんでこの会社が合うのか・合わないか、この場を借りて勝手に分析してみたいと思います。

事例1 A社の場合 ・ものすっごい強引なリクルーティング ・プロダクトは好き ・社長も好き ・上司が苦手

事例2 B社の場合 ・タイミングがいいお声かけ ・プロダクトへの考え方すかん(けど、正しいとも思った) ・無給でやりたいことできない→どこにモチベーションをおけばいいのだろうか…

→お金をより多く儲けるってのは考え方的に正しいと思うし正論なんだろうけど、四つ作って当たったやつにコミットするってなんか他にやり方があるんじゃないの?ってなった(市場分析の方に時間かけて一個に絞ってやるとか、まあ考え方次第なんだろうけど…)

事例3 C社の場合 ・プロダクトはよくわかんない ・人的に合いそう ・全部見せてくれている、感

ですかねえ。

一緒に働くとしたら、お互い腹を見せ合える?というのはとても重要、と個人的には考えています。 何考えてるかよく分からないところで働いても自分ごとにできないかなと。

そんな感じー。

最近「あすかぶ!」ってアプリがいいなと思ってるので興味あったらみてみてください。

では。